WIMAXの速度制限について

まだまだLTEが利用できるエリアは限られますが、エリア外におきましては強制的に3G通信に変更されますので、「接続できない!」などということはないと言い切れます。

docomoやワイモバイルにて設けられている「3日間で10GB」という制限があります。LTEと言いますのは、これまで主役であった3Gを「長期的に進化させたもの」という意味合いがあり、これから先登場してくるはずの4Gへの移行をスムーズに進展させるためのものです。そんな理由から、「3.9G」として扱われます。

WIMAXの「ギガ放題プラン」を選べば、毎月毎月のデータ通信量には制限がないですし、キャッシュバックキャンペーンを有効利用すれば、月額料金も3000円台に抑えることができるので、最高のプランだと自信をもっておすすめできます。

今売っている様々なモバイルルーターの中で、個人的におすすめできるのはどの機種なのかを、あんまり通信関連に明るくないという方にも納得していただく為に、ランキング形式でご紹介します。

WiMAX2+のギガ放題は使いたい放題ではない!?知らないと困るWIMAX速度制限。

思いの外知らない人が多いようですが、「ポケットWiFi」という名称はワイモバイルの登録商標です。にも関わらずWiFiルーターの一種だということで、現実の上では普通の名詞だと考えている人が大半です。

「ポケットWiFi」というのはソフトバンクの商標ということで登録されているのですが、通常は「3Gだったり4G回線を利用してモバイル通信をやる」時に必要不可欠なポケットにも入るくらいのWiFiルーター全般のことを意味すると考えていいでしょう。

WiMAX2+のギガ放題プランの場合、1カ月間7GBというデータ使用量の制限はありませんが、3日間で10GBを超過するようなことがあると、速度制限に引っかかると考えてください。

WiMAXに関しては、複数のプロバイダーがしのぎを削って実施しているキャッシュバックキャンペーンが人気ですが、ご覧のページでは、現実にWiMAXは通信量制限がなく、使い勝手がいいのかについて解説したいと思います。

モバイルWiFiを安く利用したいなら、特に月額料金が重要になります。この月額料金設定が安い機種を選びさえすれば、それから先支払う合算金額も安くできますから、何よりも先にそこを要チェックです。

WIMAXのサービスエリアはどこまで拡大されているの?調べてみました!

WiMAXのサービスエリアは、営々と時間を掛けて拡大されてきました。現在では市中のみならず、地下鉄の駅なども接続が不可能だということがない水準にまで到達しているわけです。

何と言っても、一番おすすめしたいモバイルWiFiルーターはWiMAXを除いてありません。このルーター以外と比較しても回線の速度は申し分ないですし、何より料金が一番安いです。

スマホで使っているLTE回線とシステム的に違うという部分は、スマホはそれ自身が直接電波を受信するというのに対し、WiMAX2+はモバイルWiFiルーターと呼ばれる機器によって電波を受信するという部分だと考えます。

「ポケットWiFi」と呼ばれるものは、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが売り出しているモバイル用端末のことであり、正直言って外出中でもネットに繋げられるWiFi用端末のすべてを指すものではなかったわけです。

WiMAX2+と言いますのは、平成25年からマーケット展開されているWiFi通信サービスです。それまでのWiMAXと比較してみましても、通信速度などが更に高速になり、諸々のプロバイダーが斬新なWiMAXとして、キャッシュバックを前面に打ち出して販売しているというわけです。